FC2ブログ

ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

サンティアゴ・デ・コンポステーラ Santhiago de Compostela3

前回貝の写真で終わっていましたが、続きです。

町の名前の由来ですが、「サンティアゴ」とはスペイン語で聖ヤコブと言う意味。
なぜだかヤコブの異名ってたくさんあって、スペインでは他にハイメ、ハコボ、ディエゴなんてのもあって、人名、地名としても使われています。アメリカにもサンディエゴという地名がありますよね。他の語圏になると、ジャコモ、ジャコブ、ジャック、ジャムズ、ジェイコブ、ジェームズ、ヤーコブ、ヤークブ……とまだまだたくさんあるそうです。
そして「コンポステーラ」がラテン語の“星の野原”または“墓場”“良い町”という言葉が今のそれと似ていることから、名前もそこから来たのではと言われています。それにしても3つの意味それぞれがとっても違うのが面白いですよね。

大聖堂で聖ヤコブを祝うミサがおこなわれる様子は見たことがある人も少なくないと思います。人々を清めるためとして重さ90㎏もある香炉が焚かれ縦横に大きく揺らされる映像が有名です。この香炉の始まった当時、いろんな人が教会に寝泊まりしていたそうで、その体臭消しとして使われていたのが始まりなんだとか。

ちょこっとだけカテドラルの中の写真をどうぞ。
サンティアゴ060204P1010297Santhiago 
santhiago060204P1010295.jpg
ちょっとぶれていて見辛いかと思いますが、この柱の台座にある部分に触るとご利益が得られるそうでその部分は色が変わっています。見つけて下さいね。

今では大聖堂内で寝泊まりなんて考えられませんが、今でも巡礼者のためのミサが正午に行われているそうです。
今でも年間何万人もの巡礼者がこの地を訪れているそうで、日本からもたくさん来ているそうです。やはり歩く楽しみをくれるほど巡礼道の景色は美しいそうです。世界遺産になるのも頷けるのだとか。
せめてスペインにいるのだから私も一度は歩いてみようかと考えていますよ。
そう、貝殻とひょうたんと杖を手にして。
私の場合、まずはやる気を出す為にも形からで、杖を買えばやる気が出るかもと思ってます。
また一気にはなかなか難しいので時間を作っては少しずつ歩きに出かけていけたらと思っています。そんなことなので何年かかるかわかりませんけど(笑)。

徒歩で100キロ以上歩くと巡礼証明書がもらえるそうです。
自転車でもできます。その場合は徒歩ほ2倍の距離で証明書が発行されるようです。馬やロバなど昔からの方法で巡礼する人もいますがその場合はどうなんでしょうね。 そういった巡礼も大変でしょうが素敵ですよね。
さ、みなさんもトライしてみてはいかがでしょう。

また次回。


こちらもよろしく。
???????????

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://namakemonoespana.blog47.fc2.com/tb.php/73-8f7cabf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。