ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

4盗難にあったらどうしよう

パスポートが盗られていたらもちろん大使館へ
このことも大使館のページにありましたね。
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/anzen_higainiattara.htm

この時にとても役に立つのがパスポートのコピーです。
なければ仕方ありませんが、再発行に役に立ちます。

緊急の場合、土日でも大使館の代表電話に電話して相談してください。

パスポートの写真については、国によって規格が違います。日本の規格はスペイン人に言わせると厳しいらしいので、いくらパスポート用に写真がほしいと言っておいても出来上がったらサイズが違ったなんてことも大いにあります。また時間もかかります。旅行中なら早く仕上がってほしいはず。
写真のサイズ、出来上がり日を確認して注文したほうがいいでしょう。
ガイドブックにパスポート用の写真を日本から事前に持っていくように書いてあるものがありますが、こういう事情からです。
また大使館が推奨する写真店があるので大使館のHP、もしくは直接問い合わせるほうが確実かもしれません。


どうやって盗られるか。
これも大使館のページで見ることができます。
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/anzen_shuyonahanzai.htm

最近の被害状況は大使館のメーリングリストを希望すれば随時メールを送ってくれます。
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/goikenbako.htm
最近、昨年までの被害状況はこちらから
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/anzen_kako_2010.htm
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/anzen_shuyonahanzai.htm

移民も多いスペインなので、マドリッドなんかは、周りを見ても(日本人には分かり辛いとは思いますが)、スペイン人だと思っていたら、実はヨーロッパ北欧系、アラブ系、南米系の人であることも多々あります。
そんなスペインなので、もしあなたが盗難にあって、警察で泥棒の特徴を聞かれて、実は泥棒と話していたとしても正確な特徴を伝えることは難しいということを念頭に。
何年か住むと顔つきしゃべり方などで国籍などが分かるようになってはきますが、それもほんの少し当たる確率が上がるというだけ。私たち東洋人でも同じ服を着た中国人、韓国人、日本人の国籍を見分けるのはかなり難しいと思います。西洋人、アラブ人だと尚更です。


さて、これでちょっとシュミレーションできたでしょうか。
分かってるよ、そんなこと、と思われることをだらだらと書いて、と思われたでしょうがいざとなるとほんとに慌てるんです。
旅行でちょっと滞在しただけの時にこうなると更に不安になったりして、悲しくなって泣きたくもなると思います。
そして折角のスペイン旅行が一気に楽しくないものになってしまいます。

もちろん油断は禁物。取られないようにどうするかは、色んなサイト、ガイドブックに載っていますからそれを参考に。

注意してても相手はプロなんです。特に日本人は狙われてますから。
そうなったときはそうなったとき。
気持ちを切り替えて旅を続けられますように。
その時の役にたてばと思います。
もちろん何事もなく楽しいスペイン旅行をみなさんができるようにとホントに願います。


クリックお願いします。
??????????? 
??????? ??????? ???????

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://namakemonoespana.blog47.fc2.com/tb.php/55-42b24fc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。