FC2ブログ

ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   4 comments   0 trackback

アルケミスト

最近、友達から「アルケミスト」という本を借りました。

スペインに来るまで、南米の作家によって書かれた本なんて読んだこともなかった。
日本は印刷物が多い国として有名だけど、世界の文学という程にはなかなか親しみがないような気がする。
売り出される外国ものの本って翻訳されて沢山あるけれど、多くはアメリカやイギリスの作家で、“世界の”というと、それはちょっと不適切かも。

それに比べ、英語からスペイン語、フランス語からスペイン語などに訳するのは日本語に訳するより簡単で訳者も多いのでしょう、スペインでは沢山の海外の本を読むことができます。
逆に日本でスペイン人の作家の本を探したりすると、けっこう廃刊になってたり、日本語には翻訳されていなかったりするからなかなか読む機会が少ないというのが現状といったところでしょうか。

だからスペイン語で読めば、と言われればそれまでなんですけどね…。(うーん、どれだけ時間がかかることやら…。)

この本は、原本はポルトガル語で書かれていて、日本では「アルケミスト~夢を旅した少年~」として日本で出版されています。
(よかった~。)
パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)というブラジルの作家はご存知でしょうか?
今もリオ・デ・ジャネイロで暮らしている、作詞家、作家で、世界でよく読まれている作家50人の中にはいるといわれているほど有名な作家です。
なのに日本でそれほど名が知られていないのは残念。
 
彼の代表作が「アルケミスト」で、原本は「O Arquimsta」、スペインでは「El arquimista」として出されています。
もちろんスペインでも有名な作家の一人で、私の周りでもそれ読んだよ!という人がちらほら。
特に、この本は舞台がスペインから始まりますからね。
分厚い本でもなく、童話のような語りで、難しい言葉もそんなには使われていないのでどんな方にもお勧めできる小説です。
今度はスペイン語でトライしようと思っている本の一つです。

あらすじなどここではお教えしませんが、すぐに読んでしまえる本なので是非読んでみてほしいと思います。いかがでしょうか。

日本に居た時、好きなだけ沢山本を買ったり借りたりできたはずなのに、今になって本を読んでいる私ってどうなんだろ…。

私が本の紹介なんてねアップロードファイル


こちらもクリックしていただけませんか?↓
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.07 15:10 | | # [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2010.02.17 06:12 | | # [edit]
FU says... "Alquemist"
お久しぶりです。アルケミストはスペイン語版も読みやすいので読んでみては?内容知っているならなお楽です。メールありがとね。今度お返事します。
2010.03.09 04:42 | URL | #bg4ZTq6E [edit]
mapache(あらいぐま) says... "Re: Ciao!!"
頑張ってまーす。
もうすぐ6月ですね。久々会えるのを楽しみにしてまーす。
2010.05.20 00:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://namakemonoespana.blog47.fc2.com/tb.php/37-751ea516
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。