ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   2 comments   0 trackback

ラス メドゥラス1 -Las Medulas-

ここ、恥ずかしながら、行くまでは聞いたこともなかったんです。
レオン県のポンフェラーダ(後日ご案内しますね)という都市近くにある、ユネスコの世界遺産にも登録されている自然豊かなところです。

B medu17
てっきり、自然遺産の部に属する世界遺産だとおもっていたら間違いでした。

ここは、古代ローマ帝国の金鉱山跡なのです。
どこが?
ここ全体です。

ラス・メドゥラスは、産業遺産なのですが、景観も素敵なんです。
大自然、って感じですが、この景観は古代ローマ人が金を採取するために作りだされた人工的な景観なのです。
赤茶色の山肌が見えますよね。これこそ人工的な山肌です。
B medu 10

鉱山と考えられる山の上に貯水槽を作り、周りの川から水を引き、その貯水槽に貯められた水が鉱山の水路を通り流しだし、山肌を削り取るというしくみです。
その水路が水によって押し出されて穴があいているところが見えます。
2009.06.05 098 そして山の斜面を削り取る 

山を水で削り取るという、水力を使って金の発掘をするってすごいですよね。一体古代ローマの技術ってどこまで進んでいたのでしょう。

紀元前25年ころに始まり200年以上採掘は続いたようですが。その後、この地で特に何の発展もなかったので、そのまま採掘現場が残っています。壁に文字が残っていたり、坑道の跡があったりします。
B medu 122009.06.05 102 こんな穴も出来てる。石が落ちてくるのであまり近づかないように!
削られた垂直に近い山肌には植物が根づきにくく、今でも、ほぼ昔の景観が残っているといえます。
それにより、長生きの大きな栗の木があったり、珍しい植物も多くみられ、スペイン国内の自然遺産に登録されています。

2に続きます。




\'82\'c9\'82\'d9\'82\'f1\'83\'75\'83\'8d\'83\'4f\'91\'ba \'8a\'43\'8a\'4f\'90\'b6\'8a\'88\'83\'75\'83\'8d\'83\'4f \'83\'58\'83\'79\'83\'43\'83\'93\'8f\'ee\'95\'f1\'82\'d6
人気ブログランキングへ
こちらもクリックお願いします。


スポンサーサイト

Comment

Y150 says... "まめですな"
2期待してます。v-222
2009.09.16 16:32 | URL | #- [edit]
mapache(あらいぐま) says... "Re: まめですな"
Y150さん、ありがとうございますv-22
私と知り合いじゃないでしょうか?横浜か、福岡繋がりとかで。
私の考えすぎ?かな。
まめですか?意外なご意見にとまどいつつも嬉しかったりして。
みなさんすてきなブログをかいてあるので、あんまり適当なブログもいかんなー、と頑張ってるところです。永ーく続けていきたいと思ってますので、これからもよろしくお願いします。
2009.09.17 17:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://namakemonoespana.blog47.fc2.com/tb.php/30-f4f7e617
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。