ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

チンチョンのパラドール Chinchon4

またまたチンチョンでしつこいのですが、パラドールもご紹介しておかなくてはなりませんね。
今ではパラドールに泊まるというのがスペイン人のステイタスでもあったのですが、日本人観光客だって泊まりたい所の一つですよね。
私も泊まりたい!
マドリッドからこれだけ近い場所だと、わざわざ泊まろうとまでは思わず貯金に回ってしまうのですが、チンチョンのパラドールなかなか素敵なんです。
特にこの中庭が明るくて素敵です。
回廊にはガラスがはめ込まれているので、寒い日は回廊を散歩してもいいですね。
スペインの光は強いので、冬でも風がない室内にいるとガラスから入ってくる光で充分暖かく感じることができます。
でもちょっと曇るだけですっごくさむくなってしまうんですけどね。
0602P1010475 Chinchon paradorチンチョンパラドール 
昔はここはコンベントConvento、修道院だったところだそうで、今は改装されてパラドールホテルになっています。
なので古い作りが素敵です。柱が何本も横にわたり、その間をしっくいで埋められているこの様式の天井はスペインならではだそうで、よく、古いお城、お屋敷、農家の家などでは見かけられます。
0602P1010479Chinchon parador 

パラドールの多くは古い教会、お城、お屋敷などを改装して、歴史を体感しながらまたその場で宿泊できる場所として人気がある、国立保養所ともいえるなホテルです。
パラドールにも3つ星から5つ星までランクがあり、歴史的に古い場所ほど5つ星の所が多いように感じます。
王族のの誰かが地方で泊る際、5つ星のパラドールを中心に泊まるそうで出会うチャンスもあるかも知れませんね。
いろんな宿泊予約サイトでも簡単に予約できるので5つ星パラドールに一度は泊まって見たいものです。
もちろん地方によってはそういった歴史的で宿泊施設になりうる場所がないところもあるのでそういった場所では比較的近代的な作りのホテルになっています。
なので部屋が特別素晴らしくアンティークだったりするわけではありませんが、他の宿泊施設より比較的広めで、サービスもよく、4つ星以上だとアメニティーグッズも日本並みにそろっているところが多いのでそういうところはプラス要因です。2施設しか泊まったことはありませんが、機会があればもう一度泊りたいと思いました。

回廊と中庭には宿泊客でなくても入れるのでチンチョンに来たら是非足を延ばしてみてください。
あとチンチョンには教会と、少し離れたところに城跡があります。
中には入れませんが天気が良かったら散歩がてらチンチョン巡りをどうぞ。



チンチョンへの公共交通機関はバスのみ。
マドリッド、トレド、アランフエスなどから出ています。
マドリッドから チンチョンへ
Autobus Interurbano
メトロConde de Casal(Avenida del Mediterraneo)からバス337番に乗って
平日、7時から23時最終バスまで15分から30分毎に。
土曜、7時45分から23時45まで約30分から1時間毎に。
日祭日、9時から23時45まで約1時間毎に。
金、土、日、祝日夜は12時から3時までの3本の深夜バスが運行されます。
チンチョンからマドリッドへ
6時10から21時45分、土曜は6時15分、日曜は7時25分から22時45分の最終バスまで1時間毎、もしくは30分毎にバスがあります。
深夜バスも2時25分最終まで2,3本あります。
片道3,5ユーロ
2011,2月現在

こちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。