ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

チンチョンのパラドール Chinchon4

またまたチンチョンでしつこいのですが、パラドールもご紹介しておかなくてはなりませんね。
今ではパラドールに泊まるというのがスペイン人のステイタスでもあったのですが、日本人観光客だって泊まりたい所の一つですよね。
私も泊まりたい!
マドリッドからこれだけ近い場所だと、わざわざ泊まろうとまでは思わず貯金に回ってしまうのですが、チンチョンのパラドールなかなか素敵なんです。
特にこの中庭が明るくて素敵です。
回廊にはガラスがはめ込まれているので、寒い日は回廊を散歩してもいいですね。
スペインの光は強いので、冬でも風がない室内にいるとガラスから入ってくる光で充分暖かく感じることができます。
でもちょっと曇るだけですっごくさむくなってしまうんですけどね。
0602P1010475 Chinchon paradorチンチョンパラドール 
昔はここはコンベントConvento、修道院だったところだそうで、今は改装されてパラドールホテルになっています。
なので古い作りが素敵です。柱が何本も横にわたり、その間をしっくいで埋められているこの様式の天井はスペインならではだそうで、よく、古いお城、お屋敷、農家の家などでは見かけられます。
0602P1010479Chinchon parador 

パラドールの多くは古い教会、お城、お屋敷などを改装して、歴史を体感しながらまたその場で宿泊できる場所として人気がある、国立保養所ともいえるなホテルです。
パラドールにも3つ星から5つ星までランクがあり、歴史的に古い場所ほど5つ星の所が多いように感じます。
王族のの誰かが地方で泊る際、5つ星のパラドールを中心に泊まるそうで出会うチャンスもあるかも知れませんね。
いろんな宿泊予約サイトでも簡単に予約できるので5つ星パラドールに一度は泊まって見たいものです。
もちろん地方によってはそういった歴史的で宿泊施設になりうる場所がないところもあるのでそういった場所では比較的近代的な作りのホテルになっています。
なので部屋が特別素晴らしくアンティークだったりするわけではありませんが、他の宿泊施設より比較的広めで、サービスもよく、4つ星以上だとアメニティーグッズも日本並みにそろっているところが多いのでそういうところはプラス要因です。2施設しか泊まったことはありませんが、機会があればもう一度泊りたいと思いました。

回廊と中庭には宿泊客でなくても入れるのでチンチョンに来たら是非足を延ばしてみてください。
あとチンチョンには教会と、少し離れたところに城跡があります。
中には入れませんが天気が良かったら散歩がてらチンチョン巡りをどうぞ。



チンチョンへの公共交通機関はバスのみ。
マドリッド、トレド、アランフエスなどから出ています。
マドリッドから チンチョンへ
Autobus Interurbano
メトロConde de Casal(Avenida del Mediterraneo)からバス337番に乗って
平日、7時から23時最終バスまで15分から30分毎に。
土曜、7時45分から23時45まで約30分から1時間毎に。
日祭日、9時から23時45まで約1時間毎に。
金、土、日、祝日夜は12時から3時までの3本の深夜バスが運行されます。
チンチョンからマドリッドへ
6時10から21時45分、土曜は6時15分、日曜は7時25分から22時45分の最終バスまで1時間毎、もしくは30分毎にバスがあります。
深夜バスも2時25分最終まで2,3本あります。
片道3,5ユーロ
2011,2月現在

こちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Posted by mapache   2 comments   0 trackback

村の猫たち Los gatos de Chinchon チンチョンChinchon3 

猫が散歩している街はのどかで人が優しいシンボルだといわれます。
チンチョンもそれを象徴してか何匹もみかけましたよ。
もちろんすぐには見つけれなかったのですが、私たちものーんびり風景をたのしみながら、よく立ち止っては歩いていたので沢山見かけたのかもしれません。
その中で写真におさめれた猫2匹。
0602P1010456チンチョン 
見つかりましたか?ほら、そこにいますよ。
0602P1010458Chinchon gatoチンチョン猫 
屋根の上をのーんびりゆったり歩いていました。屋根の上の散歩は彼らの特権ですもんね。
0602P1010462 Chinchon  gatoチンチョン 
この猫はこのベランダの上でじーっとしていたかとおもうと次の行動。
中に入るぞ、でも怖いなー。
0602P1010494Chinchon  gatoチンチョン 
なかなか入り口が狭いなー、押して開けちゃえ。
0602P1010495Chinchon  gatoチンチョン 

観光客が沢山通る、マジョール広場に続く道で白昼堂々の忍び込みです。
それにしても入るのにかなり躊躇してました。
この家は空き家なのかもと思いましたが、綺麗なタオルが干されていたので違うんでしょう。
だから人が中に居たのかも。
もしかしたらここの猫なのかも。
野良猫風ではなく毛並みが良かったような。 

チンチョンに行ったら猫観察もお勧めです。


こちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
Posted by mapache   0 comments   1 trackback

Cuevas del murcielago Chinchon2

  チンチョンの続きです。

日本のガイドブックには載ってないらしいレストランをご紹介します。
メソン キニョーネスMesón Quiñonesというレストランです。
下の写真を見てもらうと分かるのですが、 Cuevas del Murciélago、蝙蝠の洞窟と言う何とも不気味な意味の名前が書いてあります。
いやー、こわいですねー。
0602P1010472 Chinchonチンチョン

でもご安心ください。
お酒の壺と言うか甕がたーくさん並べられていてなんとも楽しくなってしまうような素敵な場所です。
お酒好きにはもってこいの場所。
他にも大きな部屋があって、大きな宴会や結婚式のパーティーだって引きうけちゃう結構広いレストラン。

表札(?)にもあったようにチョリソーやハム、ワインなどもメインとしている店なのでチンチョンの名物チョリソーだって味わえます。
チョリソーというと辛いソーセージだと思っている人もいると思いますが、スペインのチョリソーは基本的に辛くありません。
赤ビーマンの色と香りがついたソーセージのことです。もちろん赤ビーマンと言っても辛い赤ピーマンのこともあるとおもいますが、今の所辛いチョリソーにはまだ出くわしていません。
 0602P1010469 Chinchonチンチョン

さて、じゃあ洞窟はどこよ。
ちゃんと洞窟もあります。下に下に降りるとそれはなかなか寒いのですが、冬になると返ってすこし暖かくも感じます。そう、ワインの貯蔵庫になってるんです。
でも入り口はちょっと不気味ですね。
0602P1010470Chinchonチンチョン 
 
看板にもありますが、地下ではワインが眠っているだけでなく、ワインを飲ませてくれるバールになっています。
陶器の小さいカップに入れて出してくれてちょっと味も違う感じ。
確か冬は暖かいワインがあったとおもいますよ。
たまにはこういうところでワインもいかがでしょうか。
  0602P1010471 Chinchonチンチョン 
レストランに行かなくてもバールだけに来ることもできます。
レストランのホームページはこちら。蝙蝠が案内役です。
http://www.cuevasdelmurcielago.com/#
 

メソン キニョーネス‐クエバス デル ムルシエラゴ
Mesón Quiñones - Cuevas del Murciélago

C/ Quiñones, 20 ó C/ de la Cueva, 27 Chinchón (Madrid)

Telf : 918 940 532
Fax : 918 080 936

Posted by mapache   0 comments   0 trackback

チンチョン Chinchon1

Chinchonという小さな村をご存知ですか?
結構知ってる人は多いですよね。日本の観光会社のルートに含まれてるとか。
マドリッドから約4キロくらいのところにある村です。
 0602P1010447Chinchon.jpg 
アニスが有名な村で、ここに来たらアニス酒を買って帰った観光客も多いでしょう。
にんにくも有名で、スペイン人がここにくるとにんにくを必ず買って帰るんだとか。

町の中央にあるマジョール広場はとくに有名で、闘牛の祭りもここで行われます。
闘牛場が作れるよう、広場には杭が打ち込める穴があります。
また、この広場のバルコニーも良く写真におさめられます。
いかにもすぐ落ちてしまいそうなほど古くて、私には上る勇気がないくらいでした。 この写真は3年前のものです。それから後、危険だからでしょうかバルコニーの改装があったようで今ではもっとしっかりとした作りになっています。この壊れそうなのも、見るには面白かったんですけどね。
0602P1010436chinchon.jpg 
広場にテラスが広がればみんなやってきて日向ぼっこ、というかのんびりビール飲んだりワイン飲んだり。広まっからアルコールかよー、なんて、日本人がくるとよく言われますが、ほんとに昼間っから飲んでます。
もちろん冬でもちょっと暖かければみんなテラスで飲むのが大好き。
ここは市などが開かれない限りは車も傍を通りませんからのんびりできます。 
0602P1010486Pza Myor マジョール広場

0602P1010451Chinchonチンチョン  
広場の周りの家々はこのような白い壁に木造のテラスや柱の造りで、この感じがなんとなくいいんです。

広場の脇にある、インフォメーションのところの泉。
 0602P1010445turist info
 
0602 P1010439ユニークなHornazo
実は大きなパンが有名です。
オルナソHornazoといいます。いろんな地方でつくられていますが、チンチョンのも有名でいろんなデザインがあるんだそうです。
中身に詰められる具が地方によって違うようです。
ここのはもちろんチョリソーなどが入ってるようですよ。次回は買ってみたいと思います。
ここではアトレティコマドリッドとレアルマドリッドのマークのパンが飾ってありましたよ。
結構大きい! 
もちろんアニス入りのパンなどもあります。
日本ではなかなか味わえないパンですよ。ためしにいかがでしょう。 

続きはまた次回。

 
クリックもお願いします。
???????????

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村 
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

レティーロ公園 Parque de Retiro

日本ではいつになく雪が降っているところが多いようですね。
マドリッドでは今年は雪は少ないです。
先週くらいまでとっても寒かったんですが、最近暖かくなってきました。
でももう一回寒波が来るよーなんて言ってる人もいます。
0602P1010523Retiro gato レティーロ猫
これはちょっと前の写真ですが、レティーロ公園へ散歩に行ってきました。
むかしむかしは王様の狩猟用の庭だったそうですが、今ではマドリッドの中心地にある憩いの場として有名ですよね。
昔はリスがたくさん住んでいたそうですが、2年ほど前に調べたところ4匹ほどしかいなかったそうで、今ではリスを見たらかなりラッキーなことです。その代わり、野良猫ちゃんにあいましたよー。
この猫、ちょっとカムフラージュしてるみたいですよね。
野良猫もそうたくさんはみないんですけど、夜になったら沢山出てくるのかもしれませんね。
昼間はマドリッド市民だけでなく、旅行者もたくさん訪れますからね。

この猫は大胆にも人がいっぱい集ってる公園内の池の側に居た猫です。
でもこんな女神さまに守られて高い所に居たんじゃあ、私たちも手が届きませんからねー。
良い場所を見つけたもんです。
しばらくここで昼寝をしてましたよー。
レティーロの猫2006.02.11 P1010545 

夕方になり、ボートを漕ぐ人も少なくなってきました。ライオンが見守るうちに太陽が沈んでいきます。
0602P1010533Retiroレティーロ

これがマドリッドの空の色。
日本とはまた違った色をしているでしょう。
こういう空を見ると、やっぱりここは日本じゃないんだなーとしみじみ。
日本がなつかしくなったりします。

こちらもクリックお願いします。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 
人気ブログランキングへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。