FC2ブログ

ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

Museo ABC

B19022011281ABC.jpg
最近オープンした展示会場をご紹介します。
昨年9月には出来上がっていたそうなんですが、一般に公開されたのは最近のようです。
出来立てほやほやってかんじでどこもかしこも白くって綺麗でした。 
素敵なデザインでしたよ。
 B2011-02-19Museo ABC 19022011270 
外の光がたくさん入るカフェテリアはお勧め。
カフェテリアだけでも利用したいかんじ。 
B19022011277ABC.jpg B19022011274ABC.jpg
B19022011276ABC.jpg B19022011273ABC.jpg
カフェテリアから見える様子もいいかんじです。  
B19022011279ABC.jpg
地下の展示室。
ここの天井は丁度上の写真の床の部分みたい。天井からも光が入ります。
B19022011272ABC.jpg
展示室においてある家具のような引き出し。
ここを開けると電気がついて中野作品が見れるようになっています。
引き出しを開けるのもなんだか楽しい。

現在はABCから出版された雑誌などの挿絵、表紙に使われた作品が展示してあります。
ABCはスペインの新聞社で有名です。右寄りの新聞社と言われています。
私にはそういうことはよくわかりませんが、作品はいろんなものがあって素敵でしたよ。
私もあんな絵が描いてみたいなーというものがたくさんでした。
B19022011271ABC.jpg
エレベーター外ももちろん真っ白。 

Museo ABC
入館料
: 無料
住所: Calle Amaniel Nº 29 - 31. 28015 - Madrid
電話: +34 91 758 83 79
Web: http://www.museoabc.es/es/museoarquitectura
行き方: メトロで San Bernardo (2、4番線)歩いて5分、Noviciado (2番線)歩いて5分、Ventura Rodríguez (3番線)歩いて5分 Plaza de España (3、10番線)歩いて8分。
バスで、M2番から近く、3番、147番から歩いて5分。

詳しい時間がわかりませんが地下展示室、その他の部屋はお昼休み時間は開いていません。
(スペインでの)一階の展示室とカフェテリアには入れます。 
B19022011280ABC.jpg 
クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

服飾博物館 Museo del Traje

Museotraje0708007ムセオデトラヘ

ここは最近まで、といってもだいぶ経ちますが、現代美術館でしたが、今は服飾美術館となっています。
特にファッションに興味がある方にはおすすめです。
私のように特にファッションに興味がない方でも女性には意外と気に入っていただけるのではないかと思います。

お勧めは意外と広い。入館しなくても庭にだけ入ってちょっとくつろぐこともできます。
たまに赤ちゃん連れで、本を読みに来ている人もいます。
館内にはちょっとおしゃれなレストランもあり、ランチにも、夕食にも使えます。
たまに結婚式などのパーティーに使われたりもしていますよ。
Museo del Traje 0708008
ここの広々としたミュージアムショップもお勧めです。
美術館内ではなく地上階(日本で言う一階)の少し離れたところにあります。
日本の着物のようなものがあったり、ピアスや、扇子、小銭入れなんかもあったりしてちょっとしたお土産にもいいかもしれません。
通常ラッピングを頼んでも、あまりしてくれない、してくれてもすっごいダサかったり適当な店も多いのですが、ここはプレゼントというとちょっと素敵なパッケージを用意してくれる時もあります。もちろんここはスペイン、パッケージがきれてるなんてこともあるかと思いますが、聞いてみてください。
Museo de Traje 0708009
もちろん館内の服の展示も面白いです。
生地を傷めないようにと展示室は薄暗いのですがそこは我慢してください。
展示は古いものから現代へと年代順に回れるようになっています。
スペインで使われたものを中心に、古いドレスが多く展示してあり、また、帽子、手袋、靴、下着なども展示してありますよ。
スペイン各地の民族衣装もあって素敵です。スペインの民族衣装なんて日本では見たこともなかったですし、あまり考えたことなかったのですが、かわいくて、とても凝った衣装が多いのにも驚きです。
女性物が若干多いですが、男性の衣装もたくさんあります。
王室女性が使ったウエディングドレスなどもありましたよ。

カラーコピーの立派な説明パンフレットも各展示場所に用意してあり自由に持ち帰れます。
言葉がわからなくても写真付きで結構多くの衣類品が載っているので分かり易くていいですよ。

また、よく展示会を無料で行っていて、映画で使われた衣装、靴の展示会、帽子の展示会など規模的にはそう大きくもありませんが、興味深い展示も多いのが特徴的です。

全館無料になる日も多いので是非、そういう日にでも利用してみてください。

開館時間:平日,土曜9:30 - 19:00     日曜,祭日10:00 - 15:00
閉館時間の30分前よりチケット売り場が閉まり入館できません。
休館日: 毎週月曜日,1月1日,1月6日,5月1日,9月9日,12月24,12月25日,12月31日

入館料: 通常3ユーロ  5人以上(予約要)の場合1,5ユーロ
18歳以下,学生証所持の方,65歳以上の方は無料です。(証明できるものをお持ちください)
また、土曜日14:30以降、毎週日曜日、4月18日、5月18日、10月12日、12月6日は無料です。

住所:  Avenida de Juan de Herrera, 2. Madrid (28040)
Tel:  (+34) 91 550-47-00
Fax:  (+34) 91 544-69-70
Web: museodeltraje@mcu.es
行き方: メトロ: 6番線 Ciudad Universitariaシウダッド ウニベルシタリア下車、歩いて7分
     バス: 46、82,83、132,133、G番バス


2010年11月現在

こちらもよろしく
???????????

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村



Posted by mapache   4 comments   0 trackback

マドリッド観光

マドリッドにきて何をするか?
色々ありますが、まずは、を見に来てください。

マドリッドでは美術館もさることながら、いろんなところでたくさんの展示会を行っていますよ。
しかもタダで見れる展示会のなんとおおいこと!

“プラドを見たらもう次の町へ…と”いったツアーが多く、滞在も一日だけということが多い悲しき日本のツアー、もったいない。
意外とみどころたくさんあるのに!

ということでお勧めを紹介していきますよ。まずはここから。



Posted by mapache   0 comments   0 trackback

カイシャ・フォーラム -Caixa Forum-

カイシャ・フォーラムというのは、様々なアクティビティーを提供する、LA CAIXA(ラ・カイシャ)というカタルーニャ地方の銀行の施設です。
マドリッドにできたのはほんとに最近。

CaixaForum.jpg 

まだ新しく、古い工場だったものをリフォームしてつくられ建築的にも面白い、ということも手伝って、たくさんの観光客が見学にやってきます。
バルセロナにある施設もこれまた素敵で、日本の建築家(名前忘れました)の方が紡績工場だったものをリフォームしています。
どちらもリフォームとはいえ、かなりアートして素敵です。
好き嫌いはあるでしょうが、一度見てみる価値はありますよ。

壁庭とでもいいましょうか、福岡の花博でみたようなも素敵です。(写真上左手)

B Caixa4
建物下にある噴水

ここCaixa Forumは頻繁に展示会を行っており、いつ行っても必ず一つは展示会を行っています。多い時では3つも。
サロンの部屋はそう大きくもないので時間つぶしにぶらっとするにはもってこい。
建物見るためだけにぶらっと、写真撮るためだけにぶらっとの人も多い。


現在、ブラマンクという画家の展示会が行われています。
フォービスム(野獣派)の代表的な画家で、簡単に言うと、原色を大胆に使った画風が特徴の絵を描いたことで有名です。彼はセザンヌの影響を受け、風景画を多く描いています。
っていっても、美術の本などで、なんとなく見たことがあるな、という程度しか知らなかったのですが、詳しく知りたい方はヴラマンクかブラマンクで検索してみてください。


<初めての方へ>
プラドレイナソフィアティッセンといった世界でも有名な美術館近くということもあり、土曜、日曜ともなると長い行列ができているかと思います。
週末なら朝一番閉館間際を狙いましょう。平日はなんといってもお勧めです。

入館してすぐの銀色の階段を上がり、(日本でいう)一階に案内、傘預り、ミュージアムショップがあります。
初めの銀色の階段を上がりきって左手に見える入口から白いらせん階段へ出ます。
かなりのろいですがエレベーターもどうぞ。

B caixa2
 螺旋階段
(日本でいう)地下一階、地下二階、二階、三階が展示会場です。
人が出入りしていそうな狭めの入口を見たら、そこが今回の展示場です。

四階ではレストランもありますが、Barとしても。

B caixa3 
しずくの電気がかわいいレストラン

Caixa Forum
Paseo del Plado, 36
28014 Madrid
tel;913 307 300
WWW.laCaixa.es/ObraSocial
ほぼ無休10:00~20:00

展示会無料
10人以上であればガイドが展示会を説明してくれます。(要予約、スペイン語のみ、15ユーロ)

Metro1番線Atocha(アトーチャ)から歩いて4分

バス10.14.27.34.37.45番のPaseo del Prado(パセオ・デル・プラド)のバス停から歩いて2分。

Cercanias Renfe(近郊鉄道)から歩いて7分

Prado(プラド)美術館から歩いて5分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。