FC2ブログ

ナマケモノノスペインセイカツ

-La vida de la perezosa en España- マドリッドとスペイン旅行を中心に。
Posted by mapache

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by mapache   1 comments   0 trackback

Don Oso


 
1月にハンバーガー屋を教えてもらったのですが、その日がたまたま日曜日でお休みでした。
それでリベンジ。
土曜日昼のみ開いてました。
行ってみてびっくりだったのですが、ほんとに“ハンバーガ屋さん”でした。
どういうことかというと、店は小さくって座るとこもなくって、持ち帰り中心の店。
メニューはハンバーガーとホットドッグとサンドイッチとボテトフライとジュースのみ。

けっこうむかしからあるそうで、最近改装したのだとか。
BzDonOso22012011255.jpg 
この店は結構マイナーかも。
だからあんまり教えたくない所の一つだったりします。
知ってるという人は大抵近くに住んでいる人くらいじゃないでしょうか。
でもお客が次から次へとやってきて、土曜のお昼の時間は立つところもあまりないくらい人気の店でした。

ハンバーガー Hamburguesaは1,7ユーロから。
それにベーコン、チーズ、マッシュルームを入れて2,10ユーロ。
サイズGrandeもあって2,95ユーロ。トッピングを入れて3,45ユーロ。
ホットドッグPerritoは1,1ユーロ。
Especialというのもあり、2,10ユーロ。
これにはトッピングのベーコン、チーズが選べ、2,60ユーロ。
サンドイッチはハムかチーズを選んで1,50ユーロ。
どっちも入れるなら2ユーロ。
フライドポテトは1,7ユーロ。
ジュースは缶で出してくれます。

もちろんここで食べれます。
私たちはハンバーガーgrandeのマッシュルーム入り、ハンバーガーのベーコン入り、ポテトを注文。
注文してから作ってくれます。
BzDonOso22012011257.jpg
なかなかおいしかったですよー。

ただ、ポテトがたまたまなのか塩がかかり過ぎてました。
トマトケチャップはかけるかどうか聞かれますが今回はやめとけばよかったな。
もちろん今回だけかけ過ぎてたのかもしれませんけど。
ポテトも結構たくさんでした。
BzDonOso22012011260.jpg 

BzDonOso22012011256.jpg 
Hamburguesería Donoso
+34 915 436 951
月曜~木曜、12:00~0:30 金、土曜、12:00~14:00 日曜日お休み
Calle de Donoso Cortés 90
メトロMoncloaから歩いて5分

こちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

Le Pain Quotidien

最近何度か行っているカフェをご紹介します。
オーガニックを柱としたパン屋さんカフェです。
店内はどこも禁煙なのでたばこが苦手な方には安心して入れるお店です。
スペインにしては値段設定は多少高めですが、なかなか人気があるようでここ2年くらいの間にマドリッドだけで5,6件も展開しています。
マドリッドだけでなくもともとは店名がフランス語からも分かるようにもともとはスペインの店ではありません。確かベルギーだったと思います。最近日本にも進出したとか?

特徴としてはパン屋さん兼カフェなので、パンだけでも買いに行けますし、タルトやクッキーなどもおいしそうに並んでいます。ジャムやコーヒーなども売っていますよ。
カフェではランチや軽食などにも使えますし、夜も結構遅くまで開いているので使い勝手がよいのか、旅行客も多く見かけますよ。軽く何か食べたいときにはもってこいです。
スペインに居ると慣れてきちゃうんですけど、旅行者の方にはスペイン料理のカロリーが高そうだったり、肉料理が多いのに飽きたりするらしいので、そういうときにいいかもしれませんね。
メニューはどこの国でもだいたい同じような感じですが、ちょっとずつ食材が違ったりしているので国によって試すのもいいかもですね。

この前、オープンサンドとでもいいましょうか、こんなものを食べましたよ。


2010-10-04 Le Pain Quotidien
 
クリームチーズにモッツアレッラ、トマト、キュウリ、アボカド、バジルなどのサラダ風サンド。 
 2010-10-04 Le Pain Quotidien1
アンチョビとエッグサラダのサンド。

他にも紅茶やハーブティー、不思議な組み合わせの体によさそうなフルーツジュースなどもありました。

マドリッドの3店舗ほどごしょうかいしておきますね。
その他の店舗はHPをごらんください。
http://www.lepainquotidien.com/es/#/es_ES/ubicación/madrid


グランビア店
C/ Gran Vía 46 28013 Madrid
Tel: +34/91 523 1963
月曜~金曜 8:00 – 0:00
土、日、祝日 9:00 – 0:00
メトロGranViaから歩いて3分

フエンカラル店
C/ Fuencarral 95 28004 Madrid
Tel: +34/ 91 593 0939
月曜~木曜 8:00 – 0:00
金曜 8:00 – 1:00
土曜 9:00 – 1:00
日曜 9:00 – 0:00
メトロBilbaoとTribnalのちょうど間くらい。

セラーノ店
C/ Serrano 27 28001 Madrid
Tel: +34/91 435 4358
月曜~木曜 8:00 – 0:00
土、日、祝日 9:00 – 0:00
メトロSerranoからすぐ。

こちらもクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村 

Posted by mapache   0 comments   0 trackback

La Grolia de Montera

 ラ・グロリア・デ・モンテラ(La Grolia de Montera)はマドリッド中心地にあるレストランです。レストランと言っても気軽に入れるので旅行者にもお勧めです。
ただし、スペイン語のメニューしか今のところないかもしれません。(英語、フランス語はありそうです。)

バルセロナが本拠地ではないでしょうか、バルセロナには系列店がいくつもあるように聞きました。私がバルセロナにいくと必ず行く、というと大げさですが、行くような予定になってしまうレストランがあるのですが、そこも系列店だと聞き、そういえばコンセプトが似てるな、と思いました。詳しいところは私に誰か教えて下さい。

Gloria de montera 070828066 
いくつかマドリッドに系列店?、協力店?がありそこも似たような雰囲気と料理をそろえています。
基本は地中海料理です。
なかなかおしゃれな雰囲気で、一見高そうなレストランなのに、メニューの料金は良心的、かつ量もあり人気があります。
一皿5ユーロくらいからあり、二人で食べてビールもいっぱい頼んで平均40ユーロ以下でいつも食べています。
デザートも頼めば値段は多少上がりますが、デザートに行くまでにお腹いっぱいになりすぎて別腹も無理なくらいなのでいつもそのくらいです。でもデザートはお勧めです
日本人には多すぎると思われる量がスペイン人には丁度なので日本人には多いでしょうね。
それに毎回行くたびに新しいメニューが出ていて、2ヶ月に一度くらいのサイクルでメニューを変えているようです。
Gloria de Montera 067Gloria de montera 070828068
プリメルのサラダ風のホタテとトマトのバジルソース。プリメルの牛肉のカルパッチョ 

最近質が落ちたという声も聞きます。
それでも今でも昼は並ばないといけないほど人気があり、週末夜も順番待ちをする人を見かけます。
頼むプレートによって当たり外れがあるのかもしれません。
私の場合、いつ頼んでも、プリメルプラート(一皿目)で外したことはありません。どれもおいしかったですよ。
ベジタリアンな人、苦手な食べ物がある人はプリメルプラート(以下プリメル)を2つか、セグンドプラート(二皿目)を2つ頼んで、順に持ってきてもらうようにも頼めます。
セグンドプラート(以下セグンド)もだいたいにおいておいしいです。
ただ、私の友達は思ったようなものが出てこなかったらしく外れた…と言っていました。
私は大盛りの具は同じ天ぷらが出てきたことがあって最後はうんざりしてしまったことがあります。味は悪くなかったと思いますが天ぷらの食べ過ぎはいけません…(笑)。
一人につき一皿ずつプリメルとセグンドを頼むのがスペインでの普通の食べ方ですが、3人以上で行くときはコンパルティール(分け合って)して食べたいと言ってもここは構いません。そうすると天ぷらのようなものが出てきてもみんなで食べれば満足できますよね。
メニューは結構たくさんありますよ。
好き嫌いが少なく面倒な人はお勧めを聞いて頼むのもよし。

Gloria de montera 070828070 Gloria de montera 070828071
セグンドの野菜のリゾット。セグンドのポテトフライと牛肉のデミソース

それから、ここは予約が基本的にできません。ちょっと早めに出かけていくか、ちょっと遅めに行くのも手です。
もう人がいっぱいだったらスペイン人らしく”レストランに入る前に一杯”もいいかも。
2人だとあんまり並ぶこともなくすぐ順番がきます。

この店の近くは、路に立っている女の人(娼婦)をよく見かけたもので、またメトロのある広場からこの店に行く細い道も薄暗いかんじでした。
店のメニューの表紙にはそれをあえてイメージするような感じの写真もあっったりして小粋というか、、、。
そうはいってもこの周辺は旅行者も多い繁華街の一角。レストランの両隣にも飲食店が3,4軒並んでいてたくさんの人が食べているのを見かけます。
おどしてしまいましたが、そんなにいかがわしいところではありません。
また、最近、警察もこの周辺をよく見周りに来ているようですし、この周辺の道路舗装が進んでグランビア駅周辺は全て歩行者用道路になり、道もきれいになりました。。(以前はかわいい噴水があって気にいってたんですけどそれまで壊されちゃって。)
今でも売春宿が近くにあるようで、以前と同じように女の人をみかけますが、特にこちらからアクションを起こさない限り心配はいりません。もちろん日本ではないのでスリなどには気をつけて下さいね。 
granvia070828097.jpg  
 メトロGran Vía

住所 Calle del Caballero de Gracia 10
メトロGran Víaから歩いて2分

電話915 234 407

営業時間 13:00~16:00 20:30~23:45
休日 12月24日,25日,31日 1月1日  



こちらもよろしく
???????????

??????? ??????? ???????
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

Cerveceria100montaditos セルベセリア・シエン・モンタディートス

時々行くのがここCerveceria100Montaditosセルベセリア・シエン・モンタディートス
マドリッド中心地にも20件近くあるチェーン店です。
ショッピングセンターなどによく入ってるので、おやつに、昼ごはんに、夕ご飯にと使えます。
子供連れで行ける手軽さがいいのでしょうか、それともスペイン人の大好きなボカディージョがメインなのがいいのでしょうか、この不況の中でもスペイン各地に店舗数をどんどん増やしている勝ち組飲食店です。 
名前は単純で、「100種のミニバゲットサンドのビヤホール」。ビヤホールといってもビールがメインのBarです。

ボカディージョとは、いわゆるスペイン風サンドイッチとでもいいましょうか、小さめ(もしくは半分位に切ったもの)のフランスパンに具を挟んだものです。
スペイン人のお弁当=ボカディージョ(ボカタ)といえるほどで、親しみのある普通の食べ物です。
フランス、ロンドンなどに行っても同じようなものを見かけますよね。もちろん日本でも。
スペインではスペイン生ハム、ロモ、チョリソー、チーズなどを挟んでるものが基本でレタスなどはあまり挟まないようです。夏は暑くて傷みやすいからでしょうか。

そのボカディージョのミニサイズ(モンタディート)を売りにしているのがこの店。
15センチくらいの小ぶりのもので一つ1ユーロ。ちょっと高いものでも2ユーロまで。
これ一つとビール一杯だけの注文でももちろんOK。
100種類の中から選べるのも面白く、おやつ代わりにチョコレートなどを挟んだ甘いものまであります。
スペインのパンはだいたい外側が固めですが、ここのは思ったより柔らかめなので食べやすいですよ。
パンは普通のバゲット全粒粉バゲットから選びます。
いくつか注文するとポテトチップが添えられて出てきます。
B 100montaditos 
写真にある一番手前のパンが全粒粉パン。黒い帯がついてるものは1ユーロ50セント以上のちょこっとスペシャルタイプでパンの種類も違います。

安いだけあって、基本的にセルフサービス。
空いてる席をみつけ、そのテーブルにある注文票にあるメニューの隣にほしい個数と自分の名前を書き入れてカウンターへ。
面倒な時は6、12、20個のお任せセットを頼みましょう。ちょっとお得になってます。
支払いをし、飲み物と注文のレシートを受け取りテーブルで出来上がりを待ちます。
注文票に書いた自分の名前が呼ばれたらカウンターへとりに。
日本人の名前は彼らには発音しにくいものもありますし、Hがつく音は無音、JやGはハ行の音になるものがありますので呼ばれた時注意してください。
はなこさんはアナコさんになるし、ジョウくんはホーくん、ぎんいちさんはヒンイチさんになりますからねー。
面倒ならよくあるようなスペイン人の名前を借りるとか?
Joseホセとか、Danielダニエルとか、Mariaマリア、Izabelイサベルなどなど。

炭水化物オンパレードになりますが、そんなことはお構いなし、たくさん食べるのがスペイン流?。
それが嫌な人はサラダの注文でも(3,9ユーロ)。
店舗、期間によっては飲み物もジョッキで1ユーロなんて日もあるのでビール好きには持ってこいかもしれません。
中心街付近のショップリストとHPを下に載せておきます。


こちらもおねがいします。
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

☆王宮、オペラ付近
Plaza de Oriente店
C/ Felipe V, 4, 28013 Madrid
Tel: 915 596 964

☆ソル広場付近
Mayor店
C/ Mayor, 22, 28013 Madrid
Tel: 913 540 268

Postas店
C/ Postas, 12, 28012 Madrid
Tel: 不明

☆グランビア付近
Montera店
Calle de la Montera, 34, 28013 Madrid
Tel: 915 231 140

Gran Vía店
Calle Gran Via, 68 , 28013 Madrid
Tel:不明

http://www.cerveceria100montaditos.com/

2010年9月現在
Posted by mapache   0 comments   0 trackback

El Horno de San Onofre

今日はお菓子屋さんの紹介です。

スペインには実は沢山の種類のお菓子シュークリームがあるんです。
パン食の国ですからお菓子屋さんも多いんです。

でも繊細で、程よい甘さで、綺麗で…なんてお菓子はあんまりないんですねー。どこも似通ったものばかり売ってて、あま~いお菓子が多い。

それを思えば、実は日本ってほんとにお菓子大国拍手 パチパチ

お土産用もスーパーにあるお菓子もたくさんの会社が競って売ってるし、どんな小さな町でもいろんなお菓子があり、種類も多く、おいしいものが多いですよね。
たまに日本のケーキ屋さん、和菓子屋さんが恋しくなります。

スペインでも最近、試行錯誤、新しいお菓子作りに励んでいるお店も増えていると聞きます。
このお店は、その中の一つといえるかとおもいます。
B タルト
これはパッションフルーツのパイ。珍しいでしょう。(一つ2€30位。甘酸っぱくて飽きない味でしたよ)

ここにはたまーに行くのですが、いつも一つは新しいお菓子が並んでいます。
新しいお菓子は食べるには当たり外れがあるかもしれませんが、いつもと違ったお菓子が並んでるのを見るのは楽しいものです。
チョコレート定番のお菓子、日本でいう菓子パン、日本のケーキ屋さんにあるようなかわいい一人分ケーキもあり、品揃えは充実しています。見るだけでも楽しいjumee☆mark6gです。

Horno San OnofreImagen1 

多くのお菓子屋さんのように、クッキーやミニケーキなどはキロ当たりいくら、というような買い方をしますが、少し大きめのものは一個いくら、というようになっているようです。

貧乏な私にはどれも少し値段が高めです。
なので1個だけ買いたいな~、とか歩きながらちょっと食べたい、というときがあるんですが、どこに行っても1個って買いにくいですよね。
ここは「歩きながら食べたいんだけど、一個だけ買っていい?」
と聞くと、いつも、もちろん!と言ってくれて、すぐペーパーにくるんでくれます。
いつも感じのいい対応をしてくれます。

系列店がマドリッド市内3軒ほどありますが、ここが一番新しい店舗です。
他のお店は次回寄ったときにご報告します。

El Horno de San Onofre
C/ Hernani 7
28020 Madrid 

TEL (34)915 543 396
   (34)915 227 216

Metro1番線、2番線、6番線Cuatro Caminosから徒歩2分

<参考程度に>
開店時間 だいたい9時~20時(HPには記載なし)
休み 日曜午後(変更有)
http://www.sanonofresantiaguesa.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。